Tree climbing ツリークライミング アーボリスト 特殊伐採 SRT DdRT

木登り日和

特殊伐採にあこがれるサンデーツリークライマー(平日サラリーマン@デスクワーク)

ソーチェンの手入れ、、、だが、、、

バッテリーチェンソーを使っていると、ソーチェンとガイドバーに注意がいくようになりました。ソーチェンの回り具合がバッテリーの消耗に影響を与えるからです。

バッテリーチェンソーで間伐なんていう変態行為をしていると、色々気づきを得られます。パワーが上がったとは言え、燃料をぶち込めばいくらでも働くエンジンに比べ、やはりバッテリーは稼働時間に関しては、まだまだです。そりゃ、10個バッテリーを持って行きゃ、問題解決ですが、そしたら13kgですから新しい問題発生です(笑)

すぐに取り組めることは、いかにモーターに気持ちよく回ってもらえるかの追求。エンジンだったら全く気にしないであろう、ちょっとした抵抗感も改善対象です。ソーチェンを張って、手で回してたまに抵抗が強い時があります。ガイドバーに、ゴミが詰まっていたり、下手こいてソーチェンを外してしまったりするとソーチェンの足にバリがついたりと。エンジンチェンソーなら、エンジンぶん回せば、気にならないと思いますが、バッテリーはそうはいかず。ただ、エンジンでも燃料は気が付かないうちに食ってるはず。私は、バッテリーのおかげで、気が付いちゃったんで、日本人的にチマチマ細かいところを「カイゼン」していきます。プロの眼中に入らないところをマニアは追及しますわ♪

 

と、前置きが長くなりましたがソーチェンのお手入れです。山の相棒、山ちゃんからソーチェンを預かりまして、一緒にお手入れです。さぁ、ピカピカにしてやるぜ!まずは洗浄、ネットで話題の換気扇クリーナーです。

f:id:sundaytreeclimber:20211202000655j:image

泡で汚れが浮いてきます。
f:id:sundaytreeclimber:20211202000649j:image

かつて、家に残っていた業務用エアコン洗浄剤(強アルカリのヤバいやつ)でソーチェンを洗ったことがありますが、それ並みに汚れが落ちました。金ブラシでこすりました。
f:id:sundaytreeclimber:20211202000652j:image

すすぐと汚れがわかります。
f:id:sundaytreeclimber:20211202000644j:image

錆びないように、すぐに拭いて、乾燥させました。写真には収めてないですがファンヒーターで短時間で乾燥させました。
f:id:sundaytreeclimber:20211202000642j:image

ピカピカです。
f:id:sundaytreeclimber:20211202000647j:image

汚れが落ちたので、目立てをします。私の目立て道具は、こちら。スチールの目立てホルダー、バイス、デプスゲージ、デプス削り用ヤスリ、包丁用ダイヤモンドシャープナー。あ、ソーチェンは、短い靴下に入れて収納してます。コレ、おすすめです。

f:id:sundaytreeclimber:20211202001502j:image

前回、バイスソーチェン駒を送りやすいように細工をしましたが、山ちゃんのソーチェンをだとサイズが合わない、なので早速取っ払いました(笑)

f:id:sundaytreeclimber:20211202002536j:image

山ちゃんは、「刃が少なくなってきたから、もう交換だよ〜」と言ってましたが、いやいや〜、まだまだ、これからが良いところ〜(ジュル)。さぁ、恒例の逆研ぎ。

f:id:sundaytreeclimber:20211202002757j:image

デプスも削りました。デプスゲージって、説明書通りだと使いにくくて、いやバイスで咥えてると通常の当て方できないんです。だから、こんな計りかたしてます。我ながら邪道だと思います。


f:id:sundaytreeclimber:20211202003149j:image

f:id:sundaytreeclimber:20211202003152j:image

左ビフォー、右アフター。微妙に高さ下がっているの伝わりますかね?当て方が水平じゃないと、ダメだろって話です、その通りでございます(^_^;)

さぁ、研げたぜ。試しに、転がってた2×4材を引っ掻いてみたけど、まぁまぁ、良い感じに削れたから、上手くいっているでしょう。

f:id:sundaytreeclimber:20211202003622j:image

さて、お次は、私のソーチェンだわさ。。。おや、、、?!

f:id:sundaytreeclimber:20211202003832j:image

何か、おかしいですね、、、。

f:id:sundaytreeclimber:20211202004107j:image

アイヤー、やっちまいました。てか、やっちまってました(過去形)、覚えありです。間伐の枝の山を刻んで小さくしたくて、いい加減にバーを枝にぶっ込んだんですね。そしたら、バギャンとソーチェンが外れまして。たぶんその時、やってしまっていたんですね。その後も、ソーチェンが外れることが起きまして、、、。何か外れるなぁ〜??となっていたのですが、危機一髪でした。数日後に気づくなんて、凹みます。

刃物をいい加減な使い方したことに、反省。痛めたことに気付かずに作業してたことに大反省です。

包丁なら、絶対にこんなことしないです。まな板に叩きつけるように使った感じですから。いけません、チェンソーという動力に任せて、刃物ということを忘れておりました。冒頭の前口上は、どこいった?本当にお恥ずかしい限りです。

何事も経験、勉強になりました。せっかく研いだ刃物、刃は粗末に扱っちゃダメですね、はい。グスン。まだ一回しか目立てしてない、こんなに刃が残っているのに、、、作ってくれたハスバーナーに申し訳ないです。

f:id:sundaytreeclimber:20211202005300j:image

対藤蔓決戦兵器に生まれ変わるか、一コマずつにして、マニアック目立て研究の資材にするか、、、。迷う。

 

おしまい

ダイキン セラムヒートでキャンプ気分

遠赤外線暖房機、ダイキンのセラムヒート。ご存知でしょうか?

f:id:sundaytreeclimber:20211127193610j:image

遠赤外線暖房機 セラムヒート(家電量販店取扱製品) | ダイキン工業株式会社

この暖房機ものすごくポカポカするんです。実家はずっと石油ストーブだったので、火の暖かさを知って育ちました。なので私はエアコンの暖房は苦手でして。そんな、石油ストーブ好きの私は、十数年前にこの製品を購入してましてね。もう、その暖かさに一目惚れ。ハロゲンヒーターが3000円で手に入るところ、当時、3万数千円で買いました。あの時は奮発しましたわ。そのぐらい、ポカポカする画期的な暖房機でした。で、今も現役。

で、気づいちゃったんです、これ焚き火の暖かさと同じなんじゃね?って。

f:id:sundaytreeclimber:20211128223628j:image

家の中で、使うより、寒いベランダて使った方がありがたみを感じられる。薪を組むと趣きアップ。

でね、気がついちゃったんです、これ肉焼けるんじゃね?って。

f:id:sundaytreeclimber:20211128223915j:image

ついでに、マシュマロも。

f:id:sundaytreeclimber:20211128223953j:image

途中で、肉が落ちるアクシデントもあり、試行錯誤でベストポジションを発見。焼けてきちゃったよ。

f:id:sundaytreeclimber:20211128224039j:image

お味は、、、。皮が予想外のパリパリ、北京ダックか!ってぐらいパリパリ。お肉は、ちょっと火が通り過ぎてたかな?しかし、想像以上の出来。これは、フライパンじゃ出せない焼き方でした。

f:id:sundaytreeclimber:20211128224227j:image

焼き芋も、写真を撮り忘れる出来。つまり、大成功。
f:id:sundaytreeclimber:20211128224230j:image

いや〜、思ったより遊べました。今度はこれでベランダキャンプでハンモック泊をリベンジだな。

 

おしまい

目立てバイス台 改良

早速改良をしてみました。こんな、金属板を片側に貼り付けました。

f:id:sundaytreeclimber:20211124200358j:image

こうすると、挟みたいコマだけを挟めます。
f:id:sundaytreeclimber:20211124200400j:image

そうすると、こんな風にコマを送ることができます。

f:id:sundaytreeclimber:20211124200535g:image

バイスに挟むの面倒くさいんじゃないの?」

どうでしょうか。意外とスムーズに送れていると思ってます。そりゃガイドバーで、送るよりは負けますが、固定力は負けません(笑)

この工夫は、パクリです。オリジナルは、YouTube チャンネルのStihl fan Suisseさんです。

https://youtu.be/E9DtJ8Uk--o

作り方、原理は本家の動画をご参照ください。

ちなみに私の材料はこちら。

f:id:sundaytreeclimber:20211124201037j:image

アルミ缶をハサミで切りました。接着は、ホットボンドグルーガン)でやりました。

ハスクバーナの1.1mmゲージソーチェン、SP21-Gにピッタリに仕上げました^_^

あー、目立てしたい!

 

 

おしまい

軽量なバイス付き目立て台

バイス付き目立て台を作ってみました。正確にいうと家に転がってた1x4材で作ってた台に、軽量なアルミ製バイスを取り付けただけなんですがね。

f:id:sundaytreeclimber:20211123223323j:image

ソーチェンをくわえるのにちょうど良いサイズ。アルミ製ですが、ガッチリ固定できます。

f:id:sundaytreeclimber:20211123223616j:image

重さは、1キロちょっと。万力などの固定具の世界では驚異の軽さかと思います。
f:id:sundaytreeclimber:20211123223326j:image

最も大事な、この台自体の固定は自分の体重です。踏んづけて固定。

f:id:sundaytreeclimber:20211123223935j:image

ソーチェンを頭から研いでもビビらないくらいは固定できます。バイスのハンドル部だけ改造しました。ノーマルはこちら、ちょっと短いのです。

f:id:sundaytreeclimber:20211123224140j:image

このままだと締め込みに力がいるので、テコの原理を活用すべく、ハンドルを延長しました。これだと、軽く締めてもガッチリ、コマを固定できます。
f:id:sundaytreeclimber:20211123224143j:image

サイズ感は、こんな感じ。1x4材で正方形を作ったので、一辺27cmぐらいです。

f:id:sundaytreeclimber:20211123225408j:image

何が、気に入っているかと言いますと、チェンソー本体が必要ないところなんですね。家の中で目立てが出来る(笑)実際は、ベランダで目立てしました。

f:id:sundaytreeclimber:20211123225929j:image

ちょくちょく書いてますが、私は頭から擦ってます。この方向です。

f:id:sundaytreeclimber:20211123230341j:image

理屈は長くなるので今回は割愛しますが、一言で言いますとこの向きの方が、木にたいして1番初めに刃が入るところが研ぎやすいんです。ソーチェンに限らず、全ての刃物は、刃が入ったら切れるんです。文字にすると当たり前ですが、意外と気が付いていない事実だったりします。脳内で、台本描いてますんでそのうち「変態目立て論」を語りたいと思います(笑)

f:id:sundaytreeclimber:20211123231850j:image

※論より証拠的な、ドヤ顔画像です。

ドヤ(●´ω`●)

 

キマルバイスも愛用しております。キマルバイスとの出会いがなかったら変態目立てはできませんでした。

f:id:sundaytreeclimber:20211123232054j:image

キマルバイスは、ほとんどのバーに対応してくれますが、今回の目立て台はソーチェンだけを挟むんで、バーを選びません。仲間の目立てをする時も、ソーチェンだけ預かれば、やれるようになりました。

手元に目立てが必要なソーチェンが無くなっちゃった、もっとマイ目立て台を試したい!

 

おしまい。

 

 

まとまりがない数枚

暑くもなく、寒くもない、すばらしい休日でした。先週、蜂に刺されても、懲りずに山へ。(蜂に刺されたところが、まだ痒い。ステロイドを塗っても、切れるとやっぱり痒い。とほほ。)

さて、まとまりのない休日スナップを数枚です。

インスタグラムで出会った新しいお友達(お会いしたことはないw)から、超クールなTシャツをいただきました。

f:id:sundaytreeclimber:20211120224823j:image

「野生に1票!」

f:id:sundaytreeclimber:20211120190557j:image

ゴー、ジュエキ、サイシュウ(樹液採集に行こうぜ!)

f:id:sundaytreeclimber:20211120190555j:image

オシャレセンス全開のデザイン。製作者の方は、クワガタ愛がとんでもない方でして、その情熱的な姿に私惚れちゃいまして。フィールドは違えど、狂気的情熱を持つもの同士なんか共鳴しちゃったんであります。そうしたら、拙アンコウフックを欲しいとの連絡をいただきまして(クワガタ採集に木登りを導入とのこと!)、クワガタTシャツと物々交換に至った訳です(笑)

こういうの楽しいです(^^)ネットと現実の狭間を行き来する感じが、現代社会に乗れてる?!

f:id:sundaytreeclimber:20211120224841j:image

そうそう、最近の間伐腰回りが落ち着いてきました。こんな構成です。

f:id:sundaytreeclimber:20211120215917j:image

左から オムニブロック3mスリング付き、8mmロープ&スチールカラビナ、レンチ付きカラビナ、ロックテリクスのシンプルアセンダー、ミニクサビ、シルキーツルギ。

ロックテリクスのアセンダーは、3倍力を作る時に使います。レンチカラビナをプーリー代わりにしてます。
f:id:sundaytreeclimber:20211120215923j:image

ミニクサビ。ハスクバーナとnotchを一個ずつ。このクサビとインパクトバーで結構いけちゃいます。
f:id:sundaytreeclimber:20211120215920j:image

かつて、ロープはケーブルクランプでまとめていましたが、たまに枝などに引っかかり危ないので、電工バックに入れることにしました。

f:id:sundaytreeclimber:20211120221001j:image

ケーブルクランプ、まとめるには良いアイテムでしたが、枝の多い状況でロープがブラブラでの行動は、デメリットの方が上回りました。電工バックには、まとめたロープを押し込んで入れてます。パンパンだから、落ちにくい。フタが付いているサイドポケットには、予備ソーチェン。

f:id:sundaytreeclimber:20211120221209j:image

この腰道具とインパクトバー、チェンソーで行動してます。だいぶ、自分のスタイルに必要なものが洗練されてきました。やっぱり軽いの大事。8mmロープとスチールカラビナをつかった掛木処理もだいぶ手順が出来上がってきて、苦労する機会も減ってきました(^^)

そして、こんなものを追加。ハスクバーナBLi200X!540ixpの真の力を引き出すという、例のバッテリー。

f:id:sundaytreeclimber:20211120225526j:image

真の力は、、、まだ分かりません(笑)私は基本的にチェーンスピードを抑えたエコモードで使っています。バッテリーの節約のためと、チェンソーパンツの規格がチェーンスピード20m/sまでなので、枝払いとか動きのある作業は、それに合わせております。セーブモードでも十分ストレスなく刃が進んでくれます。エコモードに慣れた私には、通常モードは、切れすぎww真の力はここぞという時にとっておきます。

帰宅後のバッテリーの消費具合です。

f:id:sundaytreeclimber:20211120230802j:image

今日は雑木の下刈をずっとやってました(主にサカキ?ヒサカキ?)。5.2Ah2つが、残量1、予備の4.2Ahは手付かずで終了しました。バッテリー、一つ1.3kg。バッテリーを3つ、4kgを背負っていると、バッテリーを気にせず一日中作業してられそうです。ちなみに、愛機をしまっているのは下駄箱。バッテリーチェンソーだから許される場所、、、いや、許されてないかも、、、。

f:id:sundaytreeclimber:20211120232121j:image

間伐に、バッテリーチェンソーとロープという異端スタイルが出来上がってきて楽しいです(^^)やっぱり、普通のプレイじゃ満足出来ないんですよ私。ええ、すんません、何せ「変態」なもんで。

 

以上、まとまりのない数枚でした。

 

おしまい

 

TreeUP日本代理店のもちみちさんより

TreeUPを日本に連れてきた、もちみちさんより、弊ブログコメント欄に下記のメッセージをいただきました。わたし宛のコメントだけでなく、広くご意見を求めてらっしゃるので、弊ブログ読者の皆様にシェアしたく記事化しました。

私からのもちみちさんへの返信は、元記事からしております。

ハニブラから届いたよ - 木登り日和

 

もちみちさんの質問に、回答してくださる方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なくコメント欄ご活用ください。

 

ここから、もちみちさんのコメントです。

----------------------

ニックさん 最初にメーカーが全て受け入れてくれるわけではないですが、と書いておきます(笑) PROTEKT社が100cmで製造してくれるとのことなので注文しました。ご要望通り80cm100cm120cmの20cm刻みで販売しようと思ってます。 ブロックのスリング問題は12mm13.5mm16mmのデッドアイスリングを製造してもらえるように伝え、製造してもらえるようになりました。こちらも注文済です。 ロープのカラーバリエーションが少ないと思ってます。なので大量に発注するのでPROTEKTやTreeUPのロゴのような青色か緑色を仕入れて欲しいと材料担当の方と調整しています。 そこで質問なのですが、私は11mmで発注しようと思ってます。11.5やら11.7mmは多いのですが、11mmのロープが案外少ないと思っているからです。また11mmとなるとTazのLov3が使用できますし、ほとんどのデバイスが使用できる径であり耐久性と軽さのバランスがいいのかな?と思ってます。 あくまで私の主観であり、ご意見があればどなたでもお聞かせください。よろしくお願いいたします。

---------------

皆さんコメントお待ちしてます(^^)

おしまい

 

 

備えあっても憂いあり、でも備えなきゃ

この写真を見ていただければ、全てが伝わるかと思います。

f:id:sundaytreeclimber:20211115102727j:image

初体験尽くしです。蜂に刺された瞬間何が起きたか理解できませんでした。最初、左腕に何か植物のトゲでもグッサリ刺したような痛みが走り「?!」の衝撃。痛みが続くので、「イテテテ!変だ、何か起きている」と痛いところに目をやると小さな黒いハエのようなものが、、。黄色と黒のカラーリングでなかったので、ハチに刺されたと認識せず。「アブか?」なんて思い、振り払うも取れない。イテテテ。そうこうしているうちに、左鎖骨あたりに、また痛みが「?!」。何が起きたのか確認しようと首に巻いてたネックバンドを脱ごうとすると、今度は右頬が、痛い!ここで、やっと複数の何かにやられていることに気づく。「複数の何か、、、ハ、ハチや!」焦る焦る、飽和攻撃にあったらたまらんです。エイドキットをだけ持ち、道具は投げ捨て走ってその場から離れることに。

とりあえず、できる限りのことをして撮った写真が冒頭の画像です。

結果論として重大な事故ではありませんでしたが「現実」がやってきました。「現実」とは、、、この出来事の直前にこのブログを読んでおりました。

LEATHERMAN RAPTOR | ご~まるcc

リスクに近いところに生きている方は、一読をオススメいたします。

ちなみに、私が使ったポイズンリムーバーも、こちらの記事をきっかけに用意をしておりました。

マキタ 純正シュレッダー刃 本日手に入りました。 | ご~まるcc

※タイトルがマキタになっていますが、最後の方にポイズンリムーバーが紹介されております。

本当これ使いやすかったです。用意しといて本当に良かった。

比較のしようがないので、リムーバーの効果がどれほどあったか分かりませんが、とんでもない腫れはなかったです。好奇心から染み出した、液をなめたらちょっと苦い。自分の体液以外もちゃんと出ているよう(当たり前ですが、本当は毒舐めちゃだめです)。

しかし本当、すごいタイミングで「現実」と出くわしてしまいました。「事故に合わないだろう」という錯覚に警鐘をならしてもらってのタイミング。ありがたいです。

 早速、次の現実に備えるべく、病院へアレルギー検査に行きました。エピペン処方されるか否かは、10日後であります。

備えあっても、憂いがあるのが現実。憂いを軽減すべく、私はできる備えをしていきたいと思います。皆様におかれましても、備えの充実があらんことを。May The Safe(Force) Be With You.

 

おしまい。

 

 

コレはガサと言ってよいのだろうか。

帰宅したら、食卓にこんなものが、、、。

f:id:sundaytreeclimber:20211112224355j:image

いわゆる「ドングリ」ですな。嫁曰く「ドングリの木なんてものは無い」「これは、マテバシイである。食せ」

本当かよ〜、まぁ、確かに美味そうだな。パクリ。
f:id:sundaytreeclimber:20211112224357j:image

モグモグ。。。「く、栗や、これは栗や!栗以外の何物でもないとです!」

本当ビックリでしたよ。ドングリ、普通に食えましたよ。あ、失礼、マテバシイです。アク抜きとかそんな面倒くさいこと一切なし、ただ茹でただけとのこと。はい、えぐみ一切なしで食えました。

アク抜きしないで食べれるのは、マテバシイスダジイとのこと「アンタは何でも食おうとするだろうから、覚えておくように」と。

ちなみに、一般的にはスダジイが美味と言われているらしい。「待てばシイになる、だからマテバシイ」嫁談。※実際は、シイ(スダジイ)にはなりません。

 しかし、なぜ今まで一度も食っていなかったのか。小中学生の歴史の参考書に必ずある縄文人の生活の絵。言うなれば、トラディショナル、ヒストリカルな「ガサ」。うーん、灯台下暗し。しかし、近所の公園で完結してしまう、なんのワクワク感もないガサ。

 うむ、ここは一つ自分で拾うのでなく、娘が拾って来てくれたマテバシイを楽しむことにしよう。その方が美味しい気がする。

 

カニ採りに行きたいけど、今シーズンは山が待っているのです。

 

おしまい