Tree climbing ツリークライミング アーボリスト 特殊伐採 SRT DdRT スローライン アンコウフック

木登り日和

特殊伐採にあこがれるサンデーツリークライマー(平日サラリーマン@デスクワーク)

意識高い系のやり取り

ロドリゲスからのLINE

f:id:sundaytreeclimber:20240501210849j:image

死に至るおそれ“ツツガムシ病” GW中も“草むら”要注意(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

たま〜に、こういうLINEを相棒は送ってくれるんですよ。気をつけたい、安全衛生の関連ニュースなどを。

f:id:sundaytreeclimber:20240501211552j:image

↑こんな会話とか。

ロドリゲスと私は心は繋がってますが、毎日顔を合わす訳ではないので、たまにあるこういうやり取りでお互いの安全意識の確認は貴重なコミュニケーションなんですね。

別に話にオチはないですが、皆さんのチームではいかにして緊張感とリラックス、真面目と不真面目のバランス取ってますか?

真面目ばっかり、危機感ばっかりでも人間疲れちゃうし、逆に安全確認が形骸化しちゃいますからね。かと言って学生サークルノリは、お話しになりません。

タモリ倶楽部的な塩梅がちょうど良いと個人的には意識してます(伝わりますかね?若けぇヤツには通じないか?)

と、安全意識高い系のニック&ロドリゲスですが、たぶんツツガムシにさらされる職場環境ではない、安全意識の無駄遣い系の2人なのでした。皆さん今日もご安全に!

 

おしまい

 

 

登ってきませんでした(網戸の張替)

無理、無理。朝起きたら、両方の大腿筋が極度の筋肉痛。ゴミ捨てに階段を降りるのに一苦労。足が言うこと聞かないのでは、何もできません(一瞬ブタさんパワーアセンダーが頭を過りましたが、上がってもパフォーマンスでないんで、ヤメヤメ)

そして、嫁さんの頭から角が見えてきそうな雰囲気も手伝い勇気ある撤退を決断(遊びすぎた)。嫁さんが熱望してた網戸張り替えをしました。

f:id:sundaytreeclimber:20240429155705j:image

特筆すべきものは何もない作業。唯一の見どころは、料理もロープ切断も網戸切りもやってのけるこの包丁か。

f:id:sundaytreeclimber:20240429193732p:image

グローバルのペティナイフ20年物(吉田金属工業)

f:id:sundaytreeclimber:20240429193827g:image

網戸もスス、スーイとな。やはり、包丁もソーチェンも切れた方が仕事が気持ちいいねぇ♪

 

以上、ただのお父さんの休日でした〜(^^)

 

 

おしまい

↓ボチボチ、ベランダ工房は日々作業しております。ご注文中の方、今しばらくお待ちを(^◇^;)

アンコウフックここにあります! - sundaytreekobo ページ!

サバゲー初体験

予告通り、やってきましたサバゲフィールド。東海でも有数のフィールド「青空ハッスル」さんです。駐車場に着くと激混み!サバゲーってそんなに人気あるの?県外ナンバー多くて遠くは長崎、群馬なんてのも。マジか?!って思ったら、デカい貸し切りイベントや、コスプレイベントがある日だったらしく、常連さん曰く「全フィールドが埋まるの初めて見た」とのこと。思わぬ先制パンチ(メンタル的に)をくらいました(笑)

f:id:sundaytreeclimber:20240428190321j:image

さぁ、出撃準備だよ。今日のファッションの設定は、内紛に巻き込まれた多国籍企業のビジネスマンが母国に戻るべく紛争地帯からの脱出を目指す。愛する妻に会うために生きて帰るのだ。
f:id:sundaytreeclimber:20240428190323j:image

息子はYシャツに黒のプレートキャリア。これをつけると途端に「らしく」なる。
f:id:sundaytreeclimber:20240428190316j:image

↓その父(ゲーム開始前のまだ綺麗な身なり)
f:id:sundaytreeclimber:20240428190318j:image

その後、初陣に出たところ、まぁイメージと現実にギャップがあること、あること。あぶない刑事をみて育った世代としては銃の撃ち合いは、タカとユージのあれなんですよ。しかし実際は何も出来ぬまま、撃たれた、、、。誰にどこからかも分からずに、、、。見えねぇっす。それもそのはず、アイゴーグルの中にメガネで、メガネinメガネのスタイル、そりゃ曇る曇る。近視&曇り、何も見えねぇwww銃とか装備以前にフィジカルがどうにもならねぇ!最終的にはメガネを捨てて裸眼&ゴーグル、曇りはないが見えねぇ(そりゃそうだ)。ということで初陣はノーヒットで、4、5回死にました。隠れてりゃ撃たれないのでしょうが、じっとしてられない性分。ハンドガン片手に走りまくりました。遠くがダメなら、近づいて、、、でも近づけねぇの(ダメだこりゃ)

そうそう、昨日ぶっ壊れて、緊急で直した愛銃ですが、全てのゲームでフルオートに制限があり、まともに使えませんでした(ズコー!!)だから、ハンドガンで走りまくりましたよ。

木登りより余裕がなく、開戦後撮れた写真は一枚だけ↓

f:id:sundaytreeclimber:20240428190325j:image

泥だらけの足もと。実はこれは名誉の汚れでして。フィールドに沼地があるんです、もちろん通っていいのですが誰も近づかずのエリアでして。経験の浅い私は正面の戦いは無理と判断。沼地をひっそり渡ったのでした。沼地に足を取られながらも通り抜けると、敵陣の真裏に出れました。ウヒヒ、初参加で「裏どり」できちゃったぜ♪

※裏どりとは、ひっそりと背後にまわり、全く気がついていない敵を背中から撃ちまくるとんでもない快感を味わえる行為である。

ドキドキしながら、敵を発見!うぉー、気がついてねぇwww興奮のあまり、無防備な相手に4、5発撃ち込む(完全なるオーバーキル、てへ)。もう1人発見、これまた怖くてオーバーキル(ごめんなさい、悪意はないのです。ジョンウィックが悪いです、彼のせいです)。しかし、裏どり、こ、これは、初心者にして無双してしまうのか、キャー!(嬉)

 

パス パチン 「ヒットー」(←私)

 

そうは問屋が卸しませんでした〈苦笑)。裏どりしたつもりが、もっと奥に隠れていた方が、、バレちゃった、てへへ。

まぁ、今日はこのプレーができただけで、俺100点!沼で泥々になった甲斐がありました♪

f:id:sundaytreeclimber:20240428221103j:image

↑サラリーマンの戦闘服「白いワイシャツ」この泥にまみれたワイシャツを見よ、これが小学38年生の矜恃ってヤツよ。(次回は迷彩柄だな、白は勝てねぇ)

 

しかし、今日はアドレナリンが出まくったし、足がつった、つった。最終ゲームでは両太ももがつって動けなくなる始末(苦笑)。この記事を書いている今もしゃがむ動作が出来ません。あいや〜、明日の木登り作業できるかね?(←本当に好きだなぁ〜www)

 

ということで、明日は木登りバカ一代に戻ります(^^)

 

おしまい

 

 

サバゲー前夜

突然すみません。本日、明日は木登りバカ一代は封印です。

告白しますと私、ずっとサバゲーをやりたかったんです。30年以上も前から。ようやく明日その夢が叶うんです。

なぜにこのタイミングでなのか?それは息子が18歳の大学生になったから。1人じゃ寂しく、、、ようやく仲間ができたのです。

 息子は、電脳世界で毎日ロシアはタルコフ市で戦ったり、虹色特殊部隊員としてテロリストを撃ちこ◯してたりするんです。うむ、コイツを巻き込むしかない。そんな訳で、数年ぶりのサンタクロースからガスガンが届いたり、勝手に部屋にM4を置いて行ったりと、着々と準備を進めておりました。

f:id:sundaytreeclimber:20240428001121j:image

↑そして、開戦前夜はここまで準備完了

もうね、思いが強すぎて、デビュー戦なのに愛銃を思い切りカスタム。

f:id:sundaytreeclimber:20240427211501j:image

私の愛機はP90です。初めての電動ガンなのに電子トリガーをぶっ込んでやりました(中華製)。 ベランダ工房の技術力の賜物ですわ。

f:id:sundaytreeclimber:20240427211336j:image

電子トリガーすげぇ、、、キレっキレ!超満足〜♪まだまだ、いじるぜ〜♪って、欲張っていじってたら、前日に電子基盤がイカれまして、愛銃がまさかの沈黙。。。マジか?!前日に愛機ロスト!

f:id:sundaytreeclimber:20240427234559j:image

↑玄人向け電子トリガーT238。エアガンいじるの初めてだけど、なぜか手が動くんすよ。

 告白すると、基盤ダメにするの2個目。やっぱり俺はやりすぎるのが大好きなんだよ!!後悔はないぜ!wwww しかし明日どーすんだよ!ハンドガンだけってそりゃないぜ〜(涙)

電子トリガー化にあたり、外科的処置をしてしまったのでノーマルには戻せない。今日中に電子トリガーを手に入れるのは不可能。万事休すか、、、。

いや、まだだ。まだ終わらんよ。こうなりゃ、奥の手オートバックスにGOだ!

f:id:sundaytreeclimber:20240427235540p:image

↑車用リレースイッチを購入。これを電子トリガーの代わりにします。

f:id:sundaytreeclimber:20240427235712p:image

全く伝わらんですが、動くようになりました。ただしフルオートwwwあーあ、初めての参加なのにキレッキレカスタムで参加したら面白いなと狙っていたのに〜(悔しい)

ということで、小学38年生戦争ごっこに行ってきます!

 

おしまい

シイノキとアベマキ(day 6,7ぐらい)

お久しぶりでございます。ケガなくやっております。年度はじめのサラリーマン繁忙期とありがたいことにベランダ工房へのご注文で、充実のウィークデー&ホリデーを過ごしております。ブログ更新は久しぶりですが、木登りバカ一代、木には登っております。(週8日欲しい、、、もちろん土日土日土日日日)

↓先週の作業は、引き続き山ちゃんととある神社で特伐でした。この日は同県の某市より見学者がお一人きてくださいました。我々と同じ日曜木こりをしているそうで、拙ブログの悪影響を受け、木登りに興味を持ってしまったとのこと。奇特な方いらっしゃるんですね(ようこそ散財コースへ)

f:id:sundaytreeclimber:20240420234231j:image

さぁカッコいいとこ見せなきゃね!ユニセンダー買ったのに、結局いつものセットアップ(苦笑)カスタムブルドッグボーンとアキンボ。

f:id:sundaytreeclimber:20240420234250j:image

さぁ、鮮やかにリギングをキメるぜ!、、、と気合い入れてたら、枝又にガッツリという恥ずかしい展開に。やっぱり、急がば回れですわ(シュン)
f:id:sundaytreeclimber:20240420234226j:image

↑この後は、ブタさんウインチで引き上げ、タグロープを付けて下ろしましたとさ。はじめからタグロープ付けときゃよかった。

↓こう言うカッコいいところを見せたいんすよ。
f:id:sundaytreeclimber:20240420234241j:image

この日の作業は、軽めにしまして、せっかくなのでクライミング体験を提供です。
f:id:sundaytreeclimber:20240421091116j:image

↑なぜか山ちゃんも参加。
f:id:sundaytreeclimber:20240420234239j:image

↑お客様より楽しむ山ちゃん

写真はありませんが、メインのお客様にはしっかり楽しんでいただきました。クライミングの登竜門「ブレイクスでのスリーヒッチシステム」から始まりSRTでの昇降まで、超凝縮した味見をしてもらいました。技能講習ではないので「まずは、身体で味わってもらう」ことに集中です。

物事には段階があるのが常であります。技術・技能の習得に1番大事なのは「本人が楽しい」と思うかどうか。好きなものは、ほっといても習得していく。逆にいくら丁寧に教えても、本人が楽しいと思わなければ学習は進みません。そんなことを念頭において「やってみたい!」と言う声にお応えしております。

ちなみに「クライミングを教えて欲しい」と言われれば、私のマシンガントークを30分受けるところから始まります(笑)座学にすると眠くなっちゃうから基本屋外、学習者に寄り添うニックさんを心掛けてます(^^)

以上が先週末の出来事でした。今週末はこちら⇩

f:id:sundaytreeclimber:20240420234244j:image

↑いよいよ、倒せる状態になったので木登り無しの地上作業です。

↓伐り手は山ちゃん。
f:id:sundaytreeclimber:20240420234220j:image

受け口
f:id:sundaytreeclimber:20240420234234j:image

真隣に建物があるので牽引伐倒です。

f:id:sundaytreeclimber:20240421084227p:image
引き手はブタさんウインチwith男前ハンドル(弊工房オリジナル)
f:id:sundaytreeclimber:20240420234256p:image

↓倒れる様子をカメラに収めたかったのですが、私の手は2本しかないので事後の写真です。なかなかの迫力で見惚れちゃいましたが、すげー跳ねてビックリ。やっぱり余裕をもった退避大事。
f:id:sundaytreeclimber:20240420234247j:image

↓このくらいの牽引なら十分できる子です。
f:id:sundaytreeclimber:20240420234223j:image

このサイズだと倒した後が大変
f:id:sundaytreeclimber:20240420234229j:image

材移動もウインチで。マキタ18vとハイパートルクギアでやりたかったんだけど、トルクギア忘れた(ギャフン)
f:id:sundaytreeclimber:20240420234214j:image

※この写真は伐倒前に先に倒した材を動かしいるところです。あと先考えずに倒すと苦労することを学習済み(大人になったなぁ〜)

片付けでバテる昭和生まれ達。
f:id:sundaytreeclimber:20240421085600j:image

お疲れ様でした〜。

 

おしまい

 

オマケ画像

工房で主人の帰りを待つハイパートルクギアたち

f:id:sundaytreeclimber:20240421090451j:image

ハイパートルクギア マークII。詳細は近いうちにお伝えしたい(週8日、土日土日日日日になればすぐなんだけどなぁ〜。人生が足りない)

 

↓奇特な方はこちらから

問い合わせフォーム - 木登り日和

↓ベランダ工房の直営店

アンコウフックここにあります! - sundaytreekobo ページ!

ブタさんウインチセット リニューアル

なんやかんや3月後半は本業が忙しく、ブログもご無沙汰です。週末木こりも、家の都合で2週間ほどお休みしております。そのかわり週末工房がフル稼働でした。

Instagramで先行して紹介していたのですが、ブタウインチのセットをリニューアルしました。ありがたいことにすぐに数台をいただきまして、ちょびちょび作っておりました。色々紹介したいものはあるのですが、私が追いつかないので、コソっとWEBショップだけ更新したりしてました。ちょっと落ち着いたので、ブログでご紹介です。

ブタさんウインチ オールインワンセット


f:id:sundaytreeclimber:20240406193427j:image

f:id:sundaytreeclimber:20240406193431j:image

セット内容 ブタさんウインチ本体(固定ベルト一体)、男前ハンドル(弊工房オリジナル)、ケース。

基本コンセプトは「お手軽」ですが、大事なことに気がつきまして。「お手軽〜♪」と思っていただくためには、本体だけの重さ大きさだけでなく「トータルでの使い勝手」が重要なのであります。持ち運びには入れ物が重要です。道具をしまうパッキングも一つの仕事です、ご自分の道具をしまうのに「最適な入れ物はどれか?」これを見つけるのは結構大変。私はこの大変さを最初から解消してこそ「お手軽」なのではないか、と思った訳であります。

今回ピッタリのケースを標準でお付けすることにしました。また、そのケースに収まるハンドルも作りました。

f:id:sundaytreeclimber:20240406194425j:image

TONEのメガネレンチにハーケンの口に合う金具をつけた「男前ハンドル」、無骨なデザインですが使い勝手は間違いありません。男前とうたっておりますが、もちろん女性も使えるユニセックス仕様です。ハーケンの純正ハンドルは価格もサイズもかさばります(カッコいいけどね)、弊工房は使い勝手に振り切りデザインしました。

f:id:sundaytreeclimber:20240406194811j:image

分割できます。そして、ハンドル角度を変えられるので、こんな感じでしっかり力をかけられます。
f:id:sundaytreeclimber:20240406194814j:image

ユーザーの体格に合わせて、最適なフォームを見つけてみてください。

またお手軽ですが、パワーもあります。

f:id:sundaytreeclimber:20240406195347j:image

アベマキの牽引伐倒
f:id:sundaytreeclimber:20240406195340j:image

傾いていたので、ロープ牽引で起こしながらの伐倒でした。このくらいの作業なら充分できます。
f:id:sundaytreeclimber:20240406195343j:image

まだ、私自身試しておりませんが、ブタさんウインチの複数台使用に可能性を感じております。馬鹿力の大男1人より一般成人男性3人の方が重い荷物運べると思うんすよ。しかも、多点吊りで、、、。しかも、一つ一つは軽い。私には可能性しか見えないのであります。実現してくれるリギングデザイナーの登場を待ちます。

 

さぁ、気になるアナタは、ココをクリックだ!

アンコウフックここにあります! - sundaytreekobo ページ!

 

以上

完全なる広告記事でした。今なら、一台分材料ありますので比較的短期で納品できます(^^)

 

おしまい

DMMがハーネス出したってよ!

f:id:sundaytreeclimber:20240316170042j:image

Kinisi MAX

「きにし まっくす」ひらがなで書くととんでもなくマヌケな感じがしますが、ツリーモーションの最新モデルですな。今後は、ツリーモーションはteufelberger ではなくDMMが供給元になるのだろうか?

ツリーモーションproよりかは、パッと見がカッコ良くなったかな?(個人の感想です)


f:id:sundaytreeclimber:20240316165932j:image

まず気になったのがココ
f:id:sundaytreeclimber:20240316165926j:image

ブリッジが調節可能になったようです。(大源太さ〜ん!見て見て!)
f:id:sundaytreeclimber:20240316165916j:image

ツリーモーションPROで廃止されてた背面のポイントが復活。どんな経緯で復活か分かりませんが開発に携わったであろう現場職人の声があったのかな?携わる人間が変われば製品も変わる。今後の進化が楽しみです。

f:id:sundaytreeclimber:20240316172401j:image

↓標準装備ではないでしょうが、こんなオプション(カスタム)も出るのかな?
f:id:sundaytreeclimber:20240316165923j:image

※画像はInstagramで流れできたものです。

何に使うのかピンと来た人います?
f:id:sundaytreeclimber:20240316165929j:image

なるほどね〜
f:id:sundaytreeclimber:20240316165919j:image

ビョンビョンするわけね〜。ハーネスにつけちゃうなんてナイスアイディア!世界は広いぜ(脱帽)

以上、新製品号外記事でした〜。

おしまい

 

ウチも負けてらんないぜ

アンコウフックここにあります! - sundaytreekobo ページ!

 

 

 

つまんねぇ〜ヤツだな〜

帰宅したら我が工房(六畳間)に小包が。UPS、、、まさか、、、

f:id:sundaytreeclimber:20240312221715j:image

着弾 from ノースキャロライナ州

f:id:sundaytreeclimber:20240312221649j:image

なんと!緩衝材がちゃんと入っている(;゚Д゚)
f:id:sundaytreeclimber:20240312221646j:image

丁寧な梱包(上下に綺麗な緩衝材)
f:id:sundaytreeclimber:20240312221658j:image

オマケが入ってた
f:id:sundaytreeclimber:20240312221655j:image

サングラス
f:id:sundaytreeclimber:20240312221701j:image

ロゴ入り。そして、とんでもなく軽い(チープ)
f:id:sundaytreeclimber:20240312221718j:image

さぁ、ご本尊ですぞ。ユニセンダー、キタ〜。
f:id:sundaytreeclimber:20240312221721j:image

画像から得られた妄想と現実とのギャップを埋める作業が楽しくてたまりません(ほぼ妄想どおりだがw)早速、ここにアレを付け、ココにコレを付けを妄想。自分のやりたいアクションには下部に滑らかなボラード必須なのは、室内シミュレーションで分かりました。ワクワク(何言ってるか、分からないのが正常です)
f:id:sundaytreeclimber:20240312221709j:image

↑お父ちゃんが遊んでいると嗅ぎつける次女。「写真撮って〜」のポーズ。さっさと満足させて追い出す。

 

しっかし、ツリーナンチャラどうしちゃったんだよ。無茶苦茶スムーズじゃないか、人間味ゼロ。ノースカロライナの田舎町グリーンズボロ(人口30万)の風味が感じられない、、、。

ちょっと前に家族で回転寿司に行ったエピソードと重なりました。食べ終わってから息子がポツリと一言「君たちは気がついたか?今日は入店から会計まで一度も人間とやり取りしていないことを、、、」

( ゚д゚) 確かに。。。

スマホから予約して、入店。タッチパネルを押してチェックイン、席番号が案内され着席。タッチパネルで注文、ベルトに乗って寿司到着。食う。お会計ボタン、伝票番号を持ってセルフレジへ。ピッと、QR決済。

うん、人間とまったく触れず腹を満たしたな。そんな感覚と近かったぞツリースタッフ2024。

結論、ツリースタッフの「中身」は変わった。

 

おしまい

 

追記

ツリースタッフは、treestaffではなく、tree stuffなのはお気づきだろうか。

カタカナ表記だと「スタッフ」で同じだけどstaffは人間を指すことば、stuffは「物、材料」の意味。

例として、食べ物でスタッフドオリーブ、スタッフドマッシュルームなどで言われる「スタッフ」がstuff

treestuffは、人間のスタッフではなく詰める、詰め物といった感じ。まぁダジャレ的な感じなのかなと。

ということを踏まえて結びの一文を再読してくだされ。